うつ病対策ガイド TOP >> うつ病の種類 擬態うつ病

擬態うつ病

擬態うつ病はうつ病ではないのに、自分はうつ病だと思い込むケースのことです。医師からはっきりと診断されていないにも関わらず、自分で決めつけてうつ病の知識を身につけ、自分でうつ病と診断してしまうのです。自分はうつ病だと思い込んでいるため、病気だから優しくして欲しいという態度を示します。

しかし、擬態うつ病であってもうつ病と同じような症状が出ます。ストレスなどで気分が落ち込んで憂鬱な気分が続きます。また、全てのことに興味が持てなくなったりもします。これらの症状は自分がうつであると思いこんでいることから現れますので、通常のうつのように神経伝達機構に異常はありません。そのため、病院で出される抗うつ剤などの薬を飲んでも全く効き目がありません。

薬も効かないとなると擬態うつ病には具体的な治療方法がないように思いますが、そもそも思い込んでいるだけですので、うつ病と同じような治療は必要ありません。本人は倦怠感や憂欝な気分などを日常的に感じているので、確かにそれ自体は病的状態であると言えるかもしれません。ただ、それはうつ病とは違うのです。

擬態うつ病は本来のうつ病を誤解させるもとになります。きちんとした区別が必要です。本来のうつ病の方は自分を責める傾向にありますが、擬態うつ病の場合は自分が悪いといったような自責の念に駆られていることがあまりありません。区別は比較的容易でしょう。うつ病は適切な医師の診断を受けることが大切なので、自己判断は止めるようにしましょう。

うつ病の種類