うつ病対策ガイド TOP >> うつ病の種類 仮面うつ病

仮面うつ病

仮面うつ病では、うつ病において特徴的な症状である憂鬱な気分などは見られません。精神的なことよりも身体的な不調が前面に出てくるため、身体の病気という仮面を纏ったうつ病です。

仮面うつ病の主な症状には以下のようなものがあります。

◆微熱
◆めまい、立ちくらみ
◆頭痛や頭重がする
◆肩や首がこる
◆動悸がする
◆胃がもたれる
◆なかなか眠れない

身体の不調はありますが、憂鬱だとか不安な気分が特にありません。どこか身体が悪いのではないかと思い内科を受診する方が多いです。しかし、実際は身体的に特定の病気はありませんので検査をしても異常は見つかりません。身体は辛いのに「異常なし」と言われてしまい行き場がなくなります。

つまり、うつ病だとなかなか診断されにくいのです。そのため、周りからも怠けている、サボっているなどと言われ余計に症状が悪化することも少なくありません。そんなことをしている間に病気はどんどん進行していき、仮面ではないうつ病になってしまうのです。

早い段階で自分自身もしくは周りの誰かが心理的な病気なのかもということに気づき、精神科や心療内科を受診することが出来れば仮面うつ病であることが分かり、適切な治療を受けることが出来ます。もし、あなたもしくは周りの方が原因不明の不調に悩んでいるのであれば、1度心療内科や精神科を受診するか受診を勧めるようにして下さい。早めに治療すれば比較的早く治るうつ病です。

うつ病の種類


抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならおしゃれで機能的なsun&beach!

レンタルドレスなら
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/