うつ病対策ガイド TOP >> うつ病の種類 躁うつ病

躁うつ病

躁うつ病はうつ病の仲間であるイメージが強いですが、躁うつ病はうつ病とは少し異なります。躁うつ病とは、医学的に気分障害に分類されています。うつ病との大きな違いは気分が下がるだけでなく、気分の上がり過ぎる状態があるということです。双極性障害とも言われており、常に不安定なのです。この躁うつ病に悩まされる人の中には、仕事も手につかない重症の人もいます。

躁になると次のような症状が見られるようになります。

◆気分が昂ぶって楽観的になることがある
◆頭の回転は良いが、考えがまとまらない
◆よくしゃべる・よく動く
◆睡眠時間が少なくても疲れを感じない
◆注意散漫になり、集中力が低下
◆イライラしやすく、怒りっぽい

以上のような症状があります。ただ、ずっと気分が上がっているわけではありません。反対に気分が落ち込んでうつの状態になると以下に挙げるような症状が見られます。

◆今まで楽しめていたことに興味すら感じなくなる
◆悲しい気持ちになり、絶望感が強い
◆疲れやすくなる
◆不眠、食欲低下
◆自殺願望が生じる

躁うつ病の原因は遺伝的な要素が大きいと言われています。簡単に言えば、もともと躁うつ病になりやすい体質の人が過度のストレスを抱えることで病気が発症してしまうということです。躁うつ病は自然治癒は期待することが出来ません。きちんと治療しなければ一生躁うつ病を繰り返すことになってしまいます。ですから、きちんと治療しなくてはなりません。

うつ病の種類


レーシック
レーシックなら確実性と安全性を追求する吉野眼科で!