うつ病対策ガイド TOP >> うつ病の治療 カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングもうつ病に対する処置として重要となってきます。カウンセリングによってうつ病かどうか、どういったうつ病なのかを正しく判断することは大切なことです。また、カウンセリングのことを精神療法とも呼びます。悩みや問題を抱えている方に対して専門的なカウセラーが言語的・非言語的に関わり合って、その関わりを通して援助することを一般的にカウンセリングと言います。

カウンセリングというのは、精神科だけの分野のように思われていますが、産業や学校教育などの分野においても幅広く用いられています。少し前まではカウンセリングと精神療法は、異なるものと考えられていましたが、現在は両社の区別は非常にあいまいです。カウンセリングは精神療法の一つの形式と考えられるようになってきました。

うつ病の治療でもカウンセリングはもちろん大切ですが、うつの症状が強い時期にカウンセリングのみに頼るのは良くないありません。特にうつ病の初期の治療では、カウンセリングよりも薬の服用と休養が大切になります。薬を服用しながら休養することで、ある程度心のエネルギーを蓄えてうつ病の症状が少し改善した時に医師に相談しながらカウンセリングを受けると1番良いでしょう。

カウンセリングの1番の目的は、患者さんが物事の考え方や捉え方などを見直して問題解決能力を身に付けることです。ですから、症状や悩みそのものを解決するわけではありません。カウンセリングは治療の基盤作りとしての役割が大きいです。

うつ病の治療


ランタス
ランタスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

アミティーザ
アミティーザならおなかのはなし.com