うつ病対策ガイド TOP >> うつ病の治療 薬物療法

薬物療法

うつ病の人はノルアドレナリンとセロトニンが欠乏した状態となっています。ですから、欠乏状態にあるノルアドレナリンやセロトニンの神経系の働きを活性化する必要があります。そこで用いられるのが薬物療法です。薬物療法は現在主流となりつつあるうつ病の治療法の1つです。臨床的にうつ病に対する抗うつ薬の有効性は科学的に実証されているのです。

うつ病の薬、抗うつ薬は最近では効果が高く安心して服用出来るものが使われています。抗うつ薬はこの欠乏状態にあるノルアドレナリンやセロトニンの神経系に働きかけて活性化することで症状の改善をもたらしてくれます。しかし、薬を飲んだからといってすぐに効果が表れるわけではありません。うつ病の薬に即効性はなく、1週間から3週間の継続的な服用が必要になります。

ノルアドレナリンやセロトニンの数が一定に保たれるように抗うつ薬を規則正しく服薬することがとても大切なのです。薬の効果が出てくる前に吐き気などの副作用が現れることがあります。副作用には口乾、便秘、排尿障害、吐き気などがありますが、対処することが可能な副作用になりますので、自分で勝手に中断せずに主治医の先生に相談するようにしましょう。薬を無暗に中止するとそれよりもひどい副作用に襲われることがあります。

また、症状が良くなったからといって勝手に薬の服用を中止すると症状が悪化してしまうことがあります。自己判断は禁物です。

うつ病の治療


ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!