うつ病対策ガイド TOP >> うつ病の治療 電気けいれん療法

電気けいれん療法

電気けいれん療法は有名なうつ病に対する治療法の1つです。頭皮の上から電流を通電し、人工的にけいれんを起こす事で治療を行うものです。最近主流となっている薬物療法などの効果が無い場合、自殺の危険が切迫している場合などに即効性のある電気けいれん療法が行われるのです。

電気けいれんと聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、正しく行えばとても安全な治療法になります。けいれんという文字が入っていますが、実際にけいれん発作などが起こることはありません。電気けいれん療法はかつての電気ショック療法のイメージから否定的な見方がされていますが、現在では麻酔科医による麻酔下でけいれんを起こさない修正型電気けいれん療法が用いられていますので安全です。

電気けいれん療法の有効性は、うつ病で70%〜90%程度、統合失調症で75%程度とされていてうつ病などの精神的疾患に極めて高い効果を期待することが出来る治療方法になります。しかし、電気けいれんによってなぜ抗うつ効果が現れるかということについては今だに良く分かっていません。

ただ、電気けいれん療法は、高度な技術と設備が要求されますので、熟練した精神科医・麻酔科医・看護師などでチームを作って患者さんの身体の状態や精神状態に合わせた治療プログラムを組んで行われることになります。

うつ病の治療


ラスリテック
ラスリテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

水素水ボトル
http://pcwater.jp/item03.html