うつ病対策ガイド TOP >> うつ病の基本情報 うつ病とは

うつ病とは

人は誰でも落ち込んだりします。焦り、不安などで憂鬱な気分になることもあるでしょう。しかし、うつ病の場合は、そのうつ状態が長引いてなかなか治りません。この状態が2週間以上続いてやる気が起きない、マイナス思考、体調不良などになることを一般的にうつ病と言います。自分はどうして生きているのかなどと深刻に考えるようになったり、仕事の能率が極端に落ちたり、日常生活に支障が出たりします。

うつ病の人は人口の約5%前後だと言われています。 うつ状態が症状の中心になっている場合にうつ病という言葉が使われます。興味や意欲の喪失が生じますので、今まで好きだったことや興味のあったことなどにも興味が全く湧かなくなってしまいます。抑うつ気分により非常に苦しい思いをするなど生活に支障が生じ、治療の対象となった場合、うつ病だと診断されます。

うつ病患者の方は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの量が減少し、何らかの理由で情報伝達がスムーズに行われていないことが要因だと分かっています。つまり、うつ病というのは、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっていることから起こる病気なのです。脳内にも問題がありますので気持ちの持ち方や精神論で解決することが出来るものではありません。

症状によってきちんとした治療、薬の服用が必要になります。万が一あなたが最近何事にもやる気が出ず、身体的な怠さなどがあるのでしたら念のために精神科、または心療内科を受診することをお勧めします。

うつ病の基本情報


ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!